読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂人作家         黒田幻の日記

    心理学・精神分析に興味を持っていた社会不適応者。ついに自分自身が精神病になる。    幻覚・幻聴実体験記「狂気」絶賛発売中!

幻想の向こう側へ行きたい④ ニンフォマニアとAセクシャル

 昔読んだ澁澤龍彦の本の中に、「月の顔」という言葉が出て来た。

 今、手元に現物が無くて、記憶を頼りに書いているので、正確ではないが、確か

月の意味するものは純潔であるが、もう一つの意味は邪淫、二つはコインの裏表のようなもので云々…

みたいな事が書いてあった。

 

私の以前のブログで、「Xジェンダーは、自分自身が一人でいながらその半身と一体になった状態を探し求めている性だ」と書いた。

 

それは、純潔、邪淫に共通するテーマでもある、と思いついた。

 

密教の修行で(これも現本が無いので記憶です)厳格な性への禁忌を貫いた僧が、肉体が消滅した後、涅槃にて魂の伴侶と一体になったと言われたそうだが、この同じ密教が、チベット発祥のものになると、真逆ともいえる形態を取る。

これを実践していた方々は、あくまで大真面目に修行としてやっていたので、今風の言葉で興味本位に書くのもなんだが、一種の乱交、それも行為の後で、高位の僧のザーメンと尼僧の愛液の入り混じったものを飲むとか、高位の僧の糞便を食べるとか、さらにそれを墓地でやるとか、すさまじいのである。

しかも、向こうの墓地というのは、鳥葬。

死んだ人の肉を、カラスが食べやすいように大きな刀で切り刻み、骨は風化するに任せる。(でも、決して、こちらで言う死体の損壊・遺棄のような行為ではなく、鳥がその人の魂を天の高くまで運んでくれる、という厳かな儀式的意味合いがあるのだ)

だから、墓地は、荒れた山肌に、骸骨が累々と転がっている、という光景だ。

 

キリスト教に於いても、純潔とエロティシズムは裏表と思わせるような歴史的な記述は沢山ある。

厳しい禁欲的な修行の末に見えるというキリストの幻視は、どこかエロティックな恍惚感に満ちている。

 

急に話の舞台を現代に戻すが、誰とも付き合わないで孤独を通す事と、セックス依存症は、真逆のようでどこか似ているかもしれない。

セックス依存症の人にとって、性の相手は、自分の中にある幻想の境地にたどり着かせてくれるための装置のようなものではないかと。

そして孤独は、つきつめると幻想の中の伴侶と一体になる行為とも言えないか。

幻想の向こう側へ行きたい③ アンピュティテーションと性同一性障害

 アンピュティー(四肢切断)愛好者という人達がいる。

 チェイサー(性指向がアンピュティーに向かう)とワナビー(wanna be 自らがアンピュティーになりたいと強く望む)と二通りある。

 で、ワナビーの人達なのだが、性同一性障害とよく比較される。

 

「五体満足な今の自分の身体は間違っている」

「本来の自分は○○が欠損しているはずだ」

「アンピュティーの人達の写真を見ると羨ましくていても立ってもいられない」

そして、非常な危険と苦痛を伴うにも関わらず、多くの人が、自らチェインソーで切断したり、わざと壊死させるなどの行動に出る。

 

http://tocana.jp/2015/05/post_6413_entry_4.html

http://tocana.jp/2015/05/post_6416_entry.html

 

 この、自分の身体が間違っているという感覚、本来の自分になりたくて身体を加工するという行為に至る、というのが、非常に、性同一性障害者の心理に似ているというのだ。

 

 ある身体改造にはまってる方に話を聞いた事があるのだが、四肢切断系の人達は、他の身体改造をやる人達と、あきらかに何かが違うと感じるそうだ。

 

 また、こうした願望を持つ人々の中には、四肢切断だけではなく、盲目になりたい人などもいるそうだ。

 

http://tocana.jp/2016/06/post_9991_entry_3.html

幻想の向こう側へ行きたい② (身体改造者が目指すものと周囲との意識のずれ)

 一応、①、②と番号がついているのだが、このシリーズに関しては、まだ系統立てて書けるほど、頭の中で整理されていない。

 そのうち、そうやって体系的に書いたら、けっこう面白いものになるんじゃないかという気がするが、今のところは、まだ思いつきのメモ書きの段階だ。

 

 http://blog.livedoor.jp/sinobinet/archives/10730435.html

 

 そうそうたる人達が並ぶが、私が最も気になったのが、トラの身体改造のデニス・アヴナー氏。

 この方は、日本のTVにも出た事がある。

 元は、コンピューター技師だったようだが、TVに出た時はヘルパーとして働いていた。

 そして、見た目を猫科に変えた後に、SRS(いわゆる性転換手術)も受けている。

 同じく身体改造で有名な方が、「最近性転換もして、雄猫から雌猫になったよ」と語っていたのを雑誌で読んだ事があった。

 

 2012年に自殺してしまったそうだ。

 合掌。

 私のメール友達のFTMの人も、「ここまでやっても救われなかったか」と、自殺にはショックだったと語っていた。

 

 彼女のなりたかった自己像は、他の人達には、理解されなかったのだろう。

 元いじめられっ子だったという彼女がなりたかった、強く、そして多分自由としなやかさの象徴だったであろうトラ。

 そこに至るための人目を引く身体改造は、他の人々の目には、彼女が目指した境地を具現するものとしては映らなかったのだ。

幻想の向こう側へ行きたい①

 前のブログに「Xジェンダーは、自分自身が一人でいながらその半身と一体になった状態を探し求めている性だ」と書いた。

 若干、例外の人はいるかもしれないが、確かにこういう傾向の人は多いような気がする。

 

 そして、この傾向を持つ人には、大きく分けて二通りの傾向がある。

 

 他人から見て、幻想の中の生き物~アンドロギュヌスとして見られたいという欲望が強い人々と、他人など全く関係なく生きる人々とである。

 

 前者は他人の視線を常に必要とし、後者は他人の視線を意識しない。

 前者はナルシスト、後者は自閉症に近い状態かもしれない。

 

 私は、元々前者であったが、自分のルックスが自分で満足できるものでなく、他人からも自分が満足いくように扱われる事は金輪際ないだろうという諦めの境地から、後天的に後者になった者である。

 

 ところで、以前のブログに登場するMTXのSちゃんが、私の家に来て、「生活感ある~」と言ったのだが、それが非常に嫌だった。

 たとえ見た目が醜くても、私だって、生活感の無い、幻想的な謎めいた人になりたかったのだ。

 Sちゃんの真意はわからないので、それがMTXのFTXに対する優越感から出たものなのか、単純に全く悪意の無い褒め言葉だったのかは不明である。

 だから、Sちゃんに対して面と向かって文句を言う気もなかった。

 

 だが、悪意で言ったのかそうでないのかは置いといて、言われるのは私も悪いと思った。

 人から「生活感の無い謎めいた人」に見られたければ、部屋は常にきれいにしていなければいけないのだと思う。

 「片付けられなくて汚部屋に住んでいる」などとと公言してはならないのだ。

 で、見た目にも気を使い、食べたいだけ食べてはいけないのだ。

 

 で、これはある種の矛盾をはらんでいると思った。

 そう見られたいのにそうできない私も矛盾だが、そもそも、現実の生活に関心を払わなければ、まめに片づけをする、ダイエットに気を配る、事はできない。

 

 非現実、非日常だけを追い求め、現実を置き去りにしていては、単なる汚部屋の中のデブとなってしまう。

 常に他人を自己確認のための道具にしてしまうナルシストも嫌だが、いわゆる悪い意味でのオタクというと、後者のイメージが付いて回る。

Xジェンダーの研究会

 土曜日、Xジェンダーの研究をしているソニヤ・デールさんという方の講演会があるらしい。

 

性自認Xの会主催「日本でXジェンダーに当てはまる性自認の調査と現状についての報告会」

【日時】 2017年2月25日土曜日14時00分から16時30分(開場:13時40分)

【会場】 あんさんぶる荻窪・第2会議室(東京都杉並区荻窪5丁目15番地13号)

【参加費】 1000円

【講師紹介】 ソニヤ・デール(一橋大学社会学研究科特別講師)

2014年上智大学で博士号を取得。博士論文はXジェンダーというアイデンティティの考察で、Xジェンダーの社会的および歴史的な背景を基に、当事者の経験やアイデンティティのナラティブを調査。現在、博士論文に基づいて本を執筆中。社会学という分野において、クィア理論、ジェンダーセクシュアリティ研究、、エスニシティと人種問題などについての授業を担当。様々な視点からの社会的な「マイノリティ」に関心を持っている。

 

 かつては、トランスの中でも居場所がなく、存在自体を無いものとされてきたXジェンダーが、それだけで研究材料となるとは、という感がある。

 

 ソニヤさんという方の研究と、私が思っているトランスとXジェンダーの違い等について、カブっている所があるかどうかはわからないが、私なりに思った事があるので書いてみたい。

 

 先日、FTMの方とお話する機会があった。

 その方は、自分も結婚したいし(男として、嫁さんをもらって身を固めたい)、友達の女性がずっと結婚しないのを心配していた。

 つまり、普通の(今は結婚も恋愛もしたくない男性が増えているというから、普通と言っていいのかわからないが)男性と同じ感覚を持っているといえる。

 

 対して、私は女性としても男性としても結婚したいという願望が無い。

 これを、その時は、その男性(FTM)に説明するのに、両親の仲が悪かった事など、結婚にいいイメージがわかない事を理由にしてしまったのだが、後になって、気になってしょうがなくなった事がある。

 

 それは、「じゃあ私は、両親が仲が良い家庭に育って、家族トラウマなど無かったら、結婚したかったのだろうか?」という疑問である。

 で、これは、考えれば考えるほど、いや、例え両親の仲が良く、祖父母にDVなど無かったとしても、やはり私は結婚したくなかっただろう、と思えてきた。

 

 失われた半身、という神話があるが、ヘテロの人やゲイやレズビアンが男と女、男と男、女と女の片割れを探しているとすれば、トランスジェンダーが自分の身体が違うだけで、やはり異性(身体的には自分の元の身体と同じ性の、という事になるが、ここは心の性で語りたい)や同性を求めているのに対し、Xジェンダーは、自分自身が一人でいながらその半身と一体になった状態を探し求めている性だともいえる気がする。

 

これに関しては、また、後に、もっと詳しく書いてみたい

実践倫理宏正会に気を付けて!

実践倫理宏正会というのが、家に勧誘に来た。

ドアを開けず、説明が宗教っぽかったので(それも安倍政権が推進しそうな、家庭のあり方がなんたら~と言うので)、

「宗教ですか?」と聞いたら

「違います。一般社団法人です!」ときっぱりと言った。

「パンフレットは無料なので、ポストに入れておきますね」

と言うので、去った後、取り出して見たら、案の定、妻は夫に従え、家族は夫中心が良い、などという日本会議系カルトっぽい事が書かれていた。

 

ネットで調べてみたら、やっぱり、一般社団法人を名乗る宗教団体で、安倍首相や森元首相が関係していた。

 

入会トラブルも多発しているらしい。

 

宗教なのに、宗教でないと言い張り、一般社団法人の皮をカブって勧誘するって

悪質カルトじゃないの?!

こんな手口を使って勧誘するような団体に、首相や元首相が関わってるって、本当に危険だと思う。

癇の虫の正体について

 以前、癇の虫についてこのブログに書きましたが

http://genkuroda.hatenadiary.jp/entry/2016/04/08/203451

 

 実際に虫が出て来たのを見た!と言う友人の話だが、それを裏付けるこんな記事を見つけました。

https://mamanoko.jp/articles/12898

 

癇の虫を出す儀式って実際に行われていたんですね。

 

その友人は、当時、子供だったから、本当に虫が出て来た、と錯覚しても無理はないです。