読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂人作家         黒田幻の日記

    心理学・精神分析に興味を持っていた社会不適応者。ついに自分自身が精神病になる。    幻覚・幻聴実体験記「狂気」絶賛発売中!

本当にあった異様なA型作業所~サイコパス店長と隷属する女達(職員も含む)

 T区にある喫茶店(食事もあり)のA型作業所。

 とにかく私は、あまりの異様さに気色が悪くて辞めてしまったのだが、今回はその暴露話を書いていこう。

 

 店長(♂)はボダなのだが、そのいくつかの作業所を統括している事業所の女理事長まで惚れさせて、何でも自分中心になるように周囲を振り回す技に長けていて、その点はサイコパスに通じる。

 基本、統失系はトロい人が多い。(私も含めて)

 統失が多い中、店長だけは全く違う系統の病気なので、動きはテキパキし、マルチタスクも得意、ズバ抜けて仕事ができるので、それで職員に重宝され、時給も一人だけ高いのかと最初は思ったが、それだけではなかった。

 

 店長は、私に言わせればその言動はキモイの一言に尽きるが、私以外の女の利用者から職員まで、ほとんどを洗脳みたいに惚れさせていた。

 男の利用者も、「Kちゃん(店長は自分より長くいる職員や利用者からちゃんづけでよばれていたが、事実上は絶対者として君臨していた)が辞めたら俺も辞める」と発言するように、とにかく店の全ての人間が洗脳されていた。

 

 店長の機嫌が悪い時はセクハラ、パワハラが横行した。

 その店には、精神の病に関する知識も理解も無い、喫茶業務に当るだけの職員も抱えていたが、その一人Yは、「薬に頼るなんて根性が無い」位の発言を平気でする位の無知。

 Yは50代だったが、当時20代後半の店長は、Yよりも権限が強く、機嫌が悪いと当り散らし、機嫌がいいのか悪いのかわからない謎のハイテンションの時は、Yのお尻を叩くなどしていた。

 Yはそれが嫌ではなく、嬉しがっているかのような嬌声を店の中で上げていた。

 キモイ。傍から見たら、本当キモイ光景でしかない。

 店内の設備点検に来たビルのメンテの人も、これを見てドン引きしていた。

 あと利用者のR。人はいいのだが、発言、発想の仕方が何かとウザい。40代。

 店長は、Rが失敗すると、

 「オラァ~、正座させて、重石でも乗っけんぞ!」と、怒鳴る。

 するとRは、「濡れちゃうかもしれない…」と客がいる店内でつぶやく。

 ちなみにRは(私は他人の事全然言えませんが)デ〇スの類。

 

 あと、一番強烈なのは何と言っても職員(♀)I。実年齢よりも若く見える50代。

 店長と出来ていて、車は買ってやるは、他の事業所の視察と称して、店長と二人でしょっ中、北は東北、北海道から南は沖縄まで、事業所の経費でホテルで同じ部屋に何泊もするなど、やりたい放題。

 私はこのIに目の敵にされていた。

 実は私は某有名私立高校中退なのだが、Iはそれが気に入らないらしく、何かと

 「私はね、貧しくて教養も無い両親の元で育ったのよ、私の苦労があなたにわかる?えっ?!」と、迫った。

 私だって、教育熱心で過干渉な両親で育った別の苦労があるのに。

 それに、父が極端な倹約家だったため、そこら辺の金遣いの荒いDQN家庭よりずっと質素だった。

 そして、嫌味たっぷりに

 「あなたの時給は増える予定がないのよ、実力がねぇww」とか

 「あなたの勤務時間を増やすけど、あくまでも事業所の都合で仕方のない事なの。本当は実力のある人を入れたいんだけど、仕方のない時もあるわねww」とか、

 「自分がこの店にとって、貰っている時給にふさわしい存在なのかどうか、良く考えなさい」

 そして、極めつけは

 「うちは店長を中心として、疑似家族的な集団を形成しているのに、あなたの所からだけ不協和音が聞こえてくるのよね」ときた。

 

 店長には年配の理事長(♀)までもが惚れていて、店長がIと、他の事業所に泊りがけで行く前の日には、

 「Kちゃん…。せめてお声だけでも聞きたくて」と、店に何回も電話をかけて来る。

 

 なぜそんなに年上に人気があるのかというと、たぶん一つには店長の口癖。

 「女性はいくつになっても女性」

 そして、よその作業所から見学者が来る度、説明の時に言うのが

 「うちは恋愛は自由です」

 私は、いつもそれを

 「ケッ!気色悪っ!」と思って聞いていたが、他の女性利用者&職員はそこでクラクラしちゃうようなのだ。

 

 店長は外面が良く、よその作業所から見学が来る時は、ふだんセクハラ、パワハラの嵐だなんておくびにも出さない。

 私は、なぜか、北九州市監禁事件の松永太の人物像と重なって、気色悪くてたまらなくなるのだった。

 

 とにかくあそこは辞めて正解だった。

 次に行ったA型はとても良い所だったし。