読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂人作家         黒田幻の日記

    心理学・精神分析に興味を持っていた社会不適応者。ついに自分自身が精神病になる。    幻覚・幻聴実体験記「狂気」絶賛発売中!

休日のお散歩

他の方のブログで見つけた「ビンギリ」というラーメン屋に行ってみる。

11時40分頃ついたのだが、店の外に7人位並んでいる。

見ると、12時~14時30分と書かれている。

え~っ?この店、夜は営業しないの?

夜しか営業しないラーメン屋も世にはあるが、ランチタイムしか開けない店は初めてである。

12時になり、店が開いた。

私はギリギリワンクール目には入れなかったが、順番を待つ間、待ち用の椅子に座れたのはラッキーだった。

一番人気という勝浦ラーメンに煮玉子をトッピング。

辛いラーメンとは聞いていたが、待っている間、食している人々を観察するに、これは相当辛いラーメンだと言う事が察せられた。

普通のラーメン屋のように談笑しながら、という雰囲気ではない。

皆、黙々と食べているが、店内の空気は、まさに我慢大会のようである。

最初着いた時、並んでんな~、近所の人達がランチタイムにやって来るのかな、と思っていたが、これはどうやら、近所に住んだり勤めているからと、気軽にランチに来るような所ではないらしい。

たぶん、はるばる遠方から、我こそはという辛い物好きの強者や、怖い物見たさと同じ心理で来る人達なのだろう。

席が空き、勝浦ラーメンが運ばれてきた。

「いただきま~す」

おっと、いけない、写真を忘れていた。

f:id:genkuroda:20160416161400j:plain

一口、食べてしまってからの写真。

玉ねぎ、唐辛子、ニラ、山椒の辛みがくる。

食べる時に顔を下に向けると、立ち上る湯気で、既に顔や目がヒリヒリするレベル。

私は、知り合いの中では辛い物好きな方で、タイにも行った事があるが、一生のうちでこれほど辛い物は食べた事が無い。

あり得ない辛さ。

滅多にスープは残さないのだが、さすがにこれは無理だった。

 

ラーメン屋を後にし、方南町へと向かう。

方南町から代田橋方面へ歩く。

f:id:genkuroda:20160416162222j:plain

見えました、「マインド和亜」

一階がデイリーヤマザキになっている。

エントランス

f:id:genkuroda:20160416162439j:plain

シュールな中庭

f:id:genkuroda:20160416162531j:plain

各家の扉もこんな感じ

f:id:genkuroda:20160416162736j:plain

中庭の床にはこんなオブジェがあったりする。

f:id:genkuroda:20160416162838j:plain

裏口の方の階段の手すり

f:id:genkuroda:20160416163020j:plain

裏口の床にもシュールな模様

f:id:genkuroda:20160416163118j:plain

これがゴミ置き場

f:id:genkuroda:20160416163322j:plain

数メートル歩いた先に、「ラポルタ和泉」

f:id:genkuroda:20160416163515j:plain

正面玄関には、馬のようにも見える女体のオブジェ

f:id:genkuroda:20160416163623j:plain

エントランス

f:id:genkuroda:20160416163742j:plain

エントランスの階段。タコの足になっている。

f:id:genkuroda:20160416163843j:plain

向かいにあった着物屋さんもいい味出している。

f:id:genkuroda:20160416164005j:plain

ここで今日の散歩は終わり。

 

思い出したのだが、昔、東伏見の北側の富士街道沿いにも、とても面白い建物があった。

写真が無いのが非常に残念だが、外廊下、階段の手すりなどが、一つとして垂直になっておらず、全てがぐにゃんぐにゃんしていた。

外廊下と内部の通路が迷路のように入り組んでつながっていて、窓も潜水艦のような窓だったり、見ていて飽きなかった。

大成プレハブの寮であるらしかったが、数年前通ったら、無くなっていた。

とても残念。