読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂人作家         黒田幻の日記

    心理学・精神分析に興味を持っていた社会不適応者。ついに自分自身が精神病になる。    幻覚・幻聴実体験記「狂気」絶賛発売中!

昭和の痴漢電車~後編

 ある日、私が風邪で寝込んでいると、母が退屈だろうから、と珍しく漫画雑誌を買ってきた。

 母は中身を見ないで、子供向けの雑誌だと思って買ってきたようだが、その中に、やはり母が見たら怒りそうな漫画があった。

 妹が、私が読み終わったな、という頃にやって来て、「貸して。」と言った。

 私はダメだと言い張った。

 妹は、母がそういう事で怒り出す事に無頓着だから、読み終わったら、母の目につきそうなそこら辺に放り出すに決まっている、と思ったからだ。

 「貸して。」「ダメ。」「貸して。」「ダメ。」

と、言い合っていると、

 「意地悪しないで貸してあげなさい!」

と、母が怒った。

 私は、嫌な予感がしながらも妹に雑誌を渡した。

 夜、私が少し症状が良くなって起き出すと、やはり恐れていた通りの場面が展開された。

 居間で、母がその雑誌を広げて読んでいた。

 私は、足音を忍ばせて、冷蔵庫から、飲み物を探るふりをした。

 途端、

 「まあっ!何っ!この漫画!」

 母の声が鋭く突き刺さって来た。

 私は、手足がガクガク震え、まともに立っていられるのがやっとだった。

 舌が、「針千本飲~ます」と指きり文句にあるごとく、本当に針が千本突き刺さったかのようにビリビリと痺れた。

 口の中がカラカラに乾いて声が出ない。

 でも、こんなにも自分が動揺している事が、母に知れたら終わりだ、と、思った。

 何が終わりなのかよくわからないが、とにかく「一貫の終わり」なのだった。

 私は努めて平静を装って、

 「そんなに頭に来るんなら、編集部に電話してみれば。ほら、裏表紙に電話番号が書いてあるでしょ。」

と、言った。本当は声を出すのがやっとなのに、なんとか震えないように声を出した。

 母は、後日電話する様子もなく、その一件は過ぎ去った。

 ある日、私と母と妹二人とで、井の頭線に乗っていた。

 すると、妹達と母が座っていた席の真向いに、変な男と女が座った。

 男の方は、なんかいかにも胡散臭い、いかがわしさが漂ってくるような雰囲気で、女の方は、昭和の時代のエロ本にありがちな、美人ではないが、どことなく退廃的な感じで、でも派手な服装ではなく、すっぴんに白のブラウスと膝丈の紺のスカートという格好だった。

 二人は、並んで座ると、普通のカップルがするいちゃいちゃとは、また違った行為を始めた。

 男が女の胸のボタンをはだけ、人前で、その黒い乳首があらわになるように胸を揉んだり、おもむろにスカートの中を覗きこんだりし始めた。

 「痴漢だ。」とは思ったが、小学生だった私には、女がなぜ抵抗しないのかがわからなかった。

 それより何より、母に見られたら一大事、と、私は母の前に立って、視界を遮った。

 母は、今思うと、気づかないふりをしているだけだったと思うが、普通にしているので、私は「大丈夫、まだ気づいていない。」と、思った。

 妹の隣の席が空いた。

 母が、「座りなさいよ。」と、私に促した。

 「いい、立ってる。」と、私は言った。

 内心、冷や汗ものだった。

 全然関係ないカップルのために、なぜ私がこんなにハラハラドキドキしなければならないのか、全く不明だったが、とにかく私には、母が動揺する、とか怒り出す事態が怖かった。

 一駅か二駅の間だったと思うが、時間がたつのが超長かった。

 高井戸駅で、男は先に降りると、女に向かって「おいで。」と、言った。

 女は素直について行った。

 母は、最期まで何事もなかったかのようにしていた。

 私にとっては、人生で初の「痴漢プレイ」目撃体験であった。