読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂人作家         黒田幻の日記

    心理学・精神分析に興味を持っていた社会不適応者。ついに自分自身が精神病になる。    幻覚・幻聴実体験記「狂気」絶賛発売中!

決して負け惜しみではないのだが

 実はここ6年間で体重が20kg増。

 自分で鏡を見るのが嫌になったばかりか、医者から「痩せろ!」と怒られるはめに。

 

 で、痩せていた時は、「太っている人って大変だなぁ」と思っていた。

 例えば、まだ馴染みのない新しいバイトで休憩時間、私には愛想よく話しかけてくれる人が、私は話しやすくて好感を持っていた別のバイトのかなり太目の人には絶対話さないとか、結構そういう事が色々あった。

 恋人にするんだったら、キスとかセックスとかいうハードルがあるから、どうしても見た目なんて関係ないと言い切れないのはわかる。

 でも私自身は、普通の友達とか、仕事場でちょっと話すとかに、見た目は関係ないので、そういう差別って信じられなかった。

 しかし、世の中はそうではないのだなぁ、とつくづく感じていたのだった。

 

 がしかし、実際に太ってしまって、意外にも、痩せていた時より快適だったりする事もあって、これには自分でも驚いている。

 

①まず、変にナメてかかってきたような話しかけ方をされない。

 私は背が低く、普段の態度や話し方はおとなしめな方(?)だからなのか、痩せていた頃は、女性からも男性からも、なにかと不快な事を言われることが多かった。

 自分には性別に対する違和感があって、考え方も物事の好みも中性的だと思っているのに、小柄というだけで、ぶりっこしているとか、甘えれば何とかなると思っている人間とか、自分を可愛いと思っていて計算している人間みたいに扱われる事が多く、それはとても不快な体験であった。

 そして言うまでもなく、「性別に違和感がある」と言っても、ほとんどの人は信じないばかりか、馬鹿にするのであった。

 

②恋愛がらみで面倒事に巻き込まれなくなり、平穏に過ごせる。

 一日に何十通ものメールを送りつけてくる人に好かれたりとか、付き合った人の友達から脅迫の手紙が来るとか、彼氏がちょっとちょっかいを出した女友達の彼氏から復讐みたいなレイプをされるとか、とにかくそんな不快な出来事とは無縁の、退屈だけれど平穏な生活が送れる。

 

①に関しては、もし私がモデルになれるような長身の美形だったら、そんな目に遭わないかも、と考えると悔しいが、そうだとしても損な役割なのが、

小柄>デブ>モデル体型

の順なのは意外であった。てっきりデブが一番損だと思っていたので。

 (ちなみに、モデル体型だったら本当に被害に遭わないとは言い切れません。なった事がないのであくまでも想像です)

 あ、計算高く考えていると思われる誤解は、モデル体型だったらもっとされるか。

 

②に関しては、モデルのような美形でも、そういう被害に遭う人は遭いそうなので関係ないと思うけど。。

デブになってしまうと、そもそも恋愛自体から遠ざかってしまうので、恋愛がらみのトラブルには巻き込まれにくい。

いや、これは私の場合はであって、世の中にはデブ専という、自分もデブで相手もデブが好きという方々もいるので、デブ専かつメンヘラ臭のする人達は、日々このような修羅場に遭遇しているのかもしれない。

私は自分がデブになってから恋愛から引退しているので。

(デブの人から告白されても、ごめんなさい友達でいましょうだけど、仮にすごい美形で性格も合うけどデブが好みという人がいて、告白されたとしても、私は今の自分の裸はその人に見せたくないので、セックスは無しでお付き合いしたいです)

 

↑その位気にしてるんだったら痩せろよ!と、言われそうですが。

それでも本気で痩せようとまで、今まで追い込まれなかったのは、やはり、実は小柄よりデブでいた方が快適だという事実に気づいてしまったからでしょうね。

 

でも、今は肝臓が悪くなっている事もあり(ちなみに私は酒呑みではないので、食い過ぎが原因というw)、痩せなければ医者に怒られる事態になって来ているので、今後は少しづつでも痩せていこうと思います。

全く入らなくなったのは売ったりあげたり処分したけど、ワンサイズ位下の洋服は取って置いてあるから、またそれが着られるという楽しみもあるしね。