読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂人作家         黒田幻の日記

    心理学・精神分析に興味を持っていた社会不適応者。ついに自分自身が精神病になる。    幻覚・幻聴実体験記「狂気」絶賛発売中!

都知事選

 宇都宮さんが降りて1週間。

 ショックだったけれど、とにかく今回は鳥越さんに入れようと思う。

 なかなか気持ちの切り替えがすぐできたわけではない。

 なんで、政策を何年も練りに練ってきた宇都宮さんが降りて、「政策はこれから」と言っていた鳥越さんに一本化しなければならないのか、すっきりしなかった。

 だが、鳥越さん個人に対して反感を持つ人もいるようなのだが、それもちょっと違うと思った。

 あくまで鳥越さんは「是非に」と担ぎ出されたようで、問題は、市民連合や野党側の中に、何かはわからないが、確実に、宇都宮さんが都知事になっては都合が悪い理由が存在するらしい事だ。

 

 この間の動きは、宇都宮さんの方は、野党側が誰を出すか様子を伺い、出馬宣言を、これ以上遅らせたら諸々の準備ができない、というぎりぎりまで待った。

 それとほぼ同じタイミングで石田さんが出馬する、という話が。

 宇都宮さん側が石田さんと話をしたいと日程を調整していたら、いつの間にか古賀さんになった。

 再度、古賀さんに話し合いの要請をし、たぶん平行して、選対が、宇都宮さんに一本化できないか、野党4党や市民連合に働きかけていたようなのだが、いづれも答えは、「中心部が決める事なのでいかんともする事ができない」というような返事だったらしい。

電話に対応した人は、「私も、宇都宮さんがいいと思うのだけれど」と言った人も少なくなかったという。

 で、古賀さんが語ったところによると、古賀さんが「鳥越さんが出馬の意向があるらしい」と言った途端、野党側は、猛スピードで鳥越さんへのコンタクトを開始し、岡田さんが鳥越さんに「是非出て欲しい」と要請したそうだ。

 

 私が単に宇都宮さんのファンだというひいき目を除いても、前回は次点だった人。知名度だって、都民からの信頼だってある。

 連合側、野党側が最後まで宇都宮さんを無視して、他の候補者探しに必死になっていたのは、どう考えても不自然だ。

 市民連合のHPへの書き込みを見ても、連合の個々の人には、「宇都宮さん」を推す書き込みが見られた。

 

 都合の悪い何かとは何か?

 脱原発を本気でやられては困るのだろうと憶測する人もいれば、その他諸々の既得権益と言う人もいて、私も実態は掴めていないのだが。

 だが、ここら辺を抑えておかないと、これから先、宇都宮さんを応援する一市民としては、また同じ事になると思った。

 

 宇都宮さんは、これからもずっと運動は続けて行くので、応援する側としては、そこら辺の知識と、どう対処していくかの能力が必要になると思う。

 

 今まで、私は議論とかは苦手で、複雑な政治の事情にも疎く、チラシ配りとか、自分のできる事で役に立てればいいと思いがちだったが、今回の一連の出来事で、もっと情報を仕入れて戦略的に物事を考えられる人間にならないと、応援すらできないのだという事を思い知らされた。