読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂人作家         黒田幻の日記

    心理学・精神分析に興味を持っていた社会不適応者。ついに自分自身が精神病になる。    幻覚・幻聴実体験記「狂気」絶賛発売中!

露出狂の思い出

 緑まぶしく、セミがジンジン鳴いているレンガ造りの坂道。

 小学生の私は、塾の夏期講習へ向かう途中だった。

 ふと、横を見ると、道路脇に路駐している黒い車のドアが開け放たれ、運転席にいた男は、歩道側に足を投げ出していた。

 男はズボンとパンツを膝まで降ろし、自らのモノを手に持ってブラブラさせていた。

 「ふ~ん。」と、私は思った。

 男は別に怖い感じはしなかったし、いわゆる痴漢というものは、触ってきたり襲ってきたりするものと聞いていたので、この男が痴漢であるという認識は無かった。

 だから、何の反応もせずに通り過ぎたのであるが、しばらく歩いていると、チャリンコに乗ったお巡りさんが四、五人も、血相を変えて、私が来た方向へと走り去って行った。

 これは、そんなに大変な事件なのか、とその時、初めて思った。

 成人してから、西武線の中で、再び露出狂に出会った。

 もちろん、別人であるが。

 ビミョーな時間帯だったのか、鈍行だったからか、極端に空いていた。

 そわそわした様子の男が隣に座ってきて、雑誌を広げた。と、思う間もなく、雑誌で、私以外の人には隠しながら、男はチャックからモノを取り出して、もう片方の手でしごき始めた。

 すると、電車のドアが開き、斜め向かいに座っていた男性が降りて行った。

 車両には、私と露出狂の二人っきりになった。

 さすがにビビッたが、怖そうな素振りを悟られると、図に乗って来るかもしれない、と思った。

 そこで私はすかさず、

 「アハハハハハッ!」と、大声で笑いだした。

 露出狂はひるむ様子もなく、

 「可笑しいですか?」と、嬉し恥ずかし、といった調子で話しかけた。

 その、あまりに人の良さそうな声が意外だったが、それでも油断はできないので、私はさらに笑い続けた。

 「そんなに可笑しいですか?」

 露出狂は、困ったように照れたように、もじもじしながら言った。

 その時、ドアが開いた。

 ホームには急行を待っているらしき若者がいたが、ちょうど彼の真向いに私達が対峙する位置で電車は止まった。

 私は笑い続けたが、若者は、自分に向かって笑っている、と思ったらしく、ムカッとした様子で、電車に乗り込もうか乗るまいか逡巡している様子だった。

 私は、若者が怒って乗り込んで来たら、

 「ごめんなさい。あなたでなく、この人が可笑しくて。」

と、露出狂の存在を知らせようと思って、さらに笑った。

 若者はもはや怒りの頂点といった表情をしたが、電車には乗らなかった。

 やがて、私の降りる駅になり、私はなんでもないような素振りで降りた。

 露出狂は、追っては来なかった。

 あの若者には悪い事をした、と思った。

 三十代になって、今度は友人として、露出の趣味のある男性と知り合った。

 彼と話して、びっくりしたのは、世間では、露出するような輩はレイプ犯の前段階のごとく見られているが、露出狂は、基本マゾヒストなので、まず自分から攻撃的になって襲ってくる事はない、という事だった。

 「だって、見られたいなんてマゾに決まってんじゃん。」

 彼にとっては自明な事だが、私にとっては新鮮な発見だった。

 そう言われると、あの電車の露出狂の、妙に人の良さそうな様子も納得できた。

 露出狂にとって、一番嬉しい反応は、

  • 馬鹿にして大笑いされる
  • 軽蔑したようにツンと無視される
  • 激怒して罵られる

の、いづれかであるらしい。

 「へぇ~、てっきり『キャーッ!』とか怖がらせたいのかと思ったよ。」

 「『キャーッ!』は興醒めしちゃうなぁ。見下されれば見下されるほど興奮する。」

と、いう事だった。

 なかなか奥の深い世界である。