読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂人作家         黒田幻の日記

    心理学・精神分析に興味を持っていた社会不適応者。ついに自分自身が精神病になる。    幻覚・幻聴実体験記「狂気」絶賛発売中!

トリコチロマニア

 という名前がついている事を知ったのは、大人になってから、もうかなり髪の毛を抜く癖は治まっていた頃だった。

 子供の頃、なぜか髪の毛を抜くのを止められなかった。

 抜いた後の、禿になった部分は、うっすらと熱を持ち、私はいつまでもその部分を指でなぞっていた。

 抜いた髪の毛も、またなんとも興味を引くものであった。

伸びては抜き、伸びては抜きを繰り返していると、抜いた髪は変質していて、先が針のように尖って固く無色になり、根元の方には、透明のブヨブヨしたゼリー状の物がついていた。

そのゼリー状の部分を何度も触った後で、ごみ箱に捨てていた。

重症な人は、抜いた髪の毛を食べてしまうそうだが、私はそこまでは行かなかった。

私の禿を見つけて、母が皮膚科へ連れて行った。

先生は、「神経性脱毛症です。」と、言った。

塗り薬をもらって帰った。

ある日、母に、抜いている所を見つかってしまった。

母は私を皮膚科に連れて行き、自分で抜いていたようだ、と説明した。

私はバツが悪かった。

なんでそんな事をするのか、自分でも説明できなかったからだ。

先生は、私の薬指に、赤ペンで輪っかを書き、

「もうしないって約束しようね。これは約束の指輪だよ。」

と、言った。

 その先生には、トリコチロマニアという病識は無いようだった。

 しばらく、少なくともその指輪が消えないうちは止めていたが、しばらくするとまた始めてしまっていた。

 他に、踵とか、掌の皮をむく癖もあった。

 掌は、鉄棒とかで豆ができたところから始まるが、掌全体は皮が薄い所が多く、そんなには拡がらなかった。

 踵は、踵全体が赤むけになるまでやっていた。

 痛いのは慣れっこになっていたが、プールの時、人に見つかるのがヒヤヒヤした。

 あとは、深爪をするのが好きだった。

 平行に短く切るタイプの人もいるが、私の場合は、真ん中の所は丸くして、サイドを爪の根元まで切り詰めるのが好きだった。

高校生の頃は、ほとんど爪が三角になる位、両サイドを切り詰めていた。

 自分の爪の切る所が無くなると、それでも切りたくてたまらない衝動を抑えられず、寝ている妹の足の爪を切ろうとした事がある。

 妹は、何やらただならぬ気配に気づいて起きると、妖怪にでも遭ったように、硬直して寝た姿勢のまま、ワーンと泣き声をあげた。

 母に見つかって止められた。

 後に、妹は、「あれほど怖かった事はない。」と語った。

 今となっては、伸びてきても切るのが面倒臭い位、爪を切る事への執着は無くなった。

 あの異様な情熱は、一体どこから来ていたのであろうか。