読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

狂人作家         黒田幻の日記

    心理学・精神分析に興味を持っていた社会不適応者。ついに自分自身が精神病になる。    幻覚・幻聴実体験記「狂気」絶賛発売中!

幻想の向こう側へ行きたい② (身体改造者が目指すものと周囲との意識のずれ)

 一応、①、②と番号がついているのだが、このシリーズに関しては、まだ系統立てて書けるほど、頭の中で整理されていない。

 そのうち、そうやって体系的に書いたら、けっこう面白いものになるんじゃないかという気がするが、今のところは、まだ思いつきのメモ書きの段階だ。

 

 http://blog.livedoor.jp/sinobinet/archives/10730435.html

 

 そうそうたる人達が並ぶが、私が最も気になったのが、トラの身体改造のデニス・アヴナー氏。

 この方は、日本のTVにも出た事がある。

 元は、コンピューター技師だったようだが、TVに出た時はヘルパーとして働いていた。

 そして、見た目を猫科に変えた後に、SRS(いわゆる性転換手術)も受けている。

 同じく身体改造で有名な方が、「最近性転換もして、雄猫から雌猫になったよ」と語っていたのを雑誌で読んだ事があった。

 

 2012年に自殺してしまったそうだ。

 合掌。

 私のメール友達のFTMの人も、「ここまでやっても救われなかったか」と、自殺にはショックだったと語っていた。

 

 彼女のなりたかった自己像は、他の人達には、理解されなかったのだろう。

 元いじめられっ子だったという彼女がなりたかった、強く、そして多分自由としなやかさの象徴だったであろうトラ。

 そこに至るための人目を引く身体改造は、他の人々の目には、彼女が目指した境地を具現するものとしては映らなかったのだ。